fbpx

シニアの会社HP作成・起業HP作成の無料相談を受け付けます

シニアのホームページ作成、無料相談受付を開始しました

既に会社のホームページを開設しているがリニューアルしたい。これから起業をしようと思っているが、ホームページを作成したいといったシニアの方からの相談に「無料」でお答えします。

「ワードプレスを使って自分でホームページを作成したいけれど、何から手を付ければ良いか分からない」などの質問でも大丈夫です。ホームページはそれほどお金をかけずとも作成できます。

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-6868-4172

メールでのご相談はこちらから 

当サイトのお問い合わせフォームからでも結構です。

 

(対象となる方々)

  • 50歳以上の方
  • ホームページの作り方はわからないけれど、出来るだけお金をかけずにホームページを自分で作れるようになりたいという方
    既にホームページを持ってはいるけれど、リニューアル制作をして活用できるようになりたいという方
  • ホームページへの効果的な集客の仕方が分からない方
  • ホームページの制作はしたくはないが、格安で安心して制作を任せられるところを紹介してほしいという方

(注意点)

  • 当協会の無料相談は、ホームページを無料で制作するサービスではありません。誤解の無いようお願いいたします。
  • 既にホームページを開設しており、それらが技術的に相談の範疇を超えている場合は対応しかねます。
  • ビジネスでのホームページ活用以外の相談には対応しておりません。

尚、当協会は原則として、再就労・起業などで再活躍をしたいというシニアの方への支援・情報発信と、それによる中小企業を中心とした経済の再活性を目的として活動をしております。それ以外の、方向性の違うご意見等にはお答えできません。

あらかじめご了承ください。

 

ステイホームの間に学習をスタートしてみよう

皆さんは「世界最高齢プログラマー」の若宮正子さんをご存知でしょうか?

若宮さんは、60歳を過ぎてからパソコンを学び始め、81歳でスマホ向けゲームアプリを開発されました。

アメリカのアップル本社で開催された世界開発者会議に招待され、同社のティム・クックCEOに歓待されたことで一躍注目を浴びました。

若宮さんは現在、各種基調講演やITイベント、企業や自治体のセミナーに引っ張りだこですが、若宮さん曰く「学びたくても学べなかった幼少期」があったため、学ぶことに貪欲。年をとっていても、自分が学びたいと思ったことを学べばよいのでは?と仰います。

「もっと勉強しておけばよかった」というのは年を重ねてから思うこと。「後悔先に立たず」「思い立ったが吉日」で、パソコンにチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

現在、当協会HPで「シニアの再就職について」のアンケートのご協力をお願いしています。その中で「シニアの再就職に必要なものは何だと思いますか?」という質問に対する回答で多いのが「パソコンスキル」です。

 

若宮さんのようにプログラムを作れるようになりたいと思う人はそう多くはないと思います。

でも、これからパソコンを勉強する人、または多少使えるけど自信が無い人達は、何から手を付ければ良いのか、いざ就職となるとどの程度のスキルを求められるのかが分からない 等、戸惑うことも多いと思います。

誰からも評価される、シニアが再就職しようとした時に有利になる、そんな代表的な資格の一つが「マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格(MOS)」です。再就職を目指し、勉強してMOSを取得するのは賢明な選択と言えます。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格とは

私はマイクロソフトの回し者ではありませんが、今やビジネスでパソコンを使わない企業は殆ど有りませんし、企業の採用担当であれば、皆MOSのことを知っている筈です。

マイクロソフト オフィス スペシャリスト資格(MOS)はPCのスキルを証明する資格としてビジネスの場でも認知度が高い資格です。ビジネスに使える実践的な、国際基準のスキルと知識を身に着けることが出来ます。

国内のMOSの資格取得者数は現在85,000名ほどで、それほど多くはありません。受験する年代層は20代、30代が多いですが、51歳以上も7.8%と高い比率になっています。

(年代別受験者数と合格者数はこちらで確認できます)

一般的なパソコン教室で学習をスタートすることも出来ますし、インターネット「eラーニング」でもMOS取得コースがあるWEBサイトがあります。

ご存知なかった方は、一度検索して調べてみてはいかがでしょうか。

ステイホームの間に違う自分を見つけよう

「学びたいことを学べば良いと思う」という若宮さんの言葉通り、気楽に、自分のペースで学びをスタートしてみましょう。

「ステイ・ホーム」の間に、今までと違う自分を見つけられるかもしれません。

シニアのオンラインスキル①

非常事態宣言下で、皆さんはどのようにお過しでしょうか。

事業活動の停止や縮小を求められている業種だけでなく、完全在宅勤務の会社も増え、経済界は先の見通しもつかずに困り果てていることが連日報道で取り上げられています。

働き方の変化も顕著で、オンラインミーティングを日に何件もこなすビジネスマンも少なくなくなりました。

「通勤に使っていた時間も省略され、却って効率が上がった」などの声もあがるほどです。

数日前の記事でホリエモンは、「出張で頻繁に使われていた新幹線も、コロナの影響で出張そのものが見直されて利用率落ちることになるだろう」と予測をしていましたね。

出張だけでなく、企業の面接もオンラインで行われるようになってきました。

このような状況のなか、「まだ働きたい」と考えているシニアには今後「オンラインスキル」を求められることになるのではないでしょうか。

本日は「シニアのオンラインスキル」について触れてみたいと思います。

シニアとオンラインスキル

以前に比べ、パソコンの基本的な使い方のみならず、スマートフォンを使ったコミュニケーションはシニアといえど当たり前の世の中になってきました。

この記事を読んでいるシニアの方々は、既にパソコン・スマートフォンを駆使して情報収集を活発にされていらっしゃると思います。

しかし、総務省統計局によると、年齢階層別インターネット利用状況は13~60歳はほぼ100%に近いのに対して、61歳以上になると70%程度に減り、70代になると47%、80代になると20%に減少するという統計が出ています。

みなさんは下記の10の項目で、どれくらいあてはまるものがあるでしょうか?

1、調べものがあればすぐにインターネットで調べる
2、エクセルで表やグラフを簡単に作成できる
3、メールの設定を自分でおこなうことができる
4、マウスを使用せずにパソコンを操作できる
5、簡単な動画であれば編集できる
6、フェイスブックの趣味グループで情報収集している
7、LINEを使って毎日、家族や友達と連絡をとっている
8、日頃からInstagramやTwitterをチェックし更新している
9、最近流行りのオンライン飲み会をしている
10、ホームページを自分で作ることができる

2~3個程度は殆どの方は当てはまるのでは無いでしょうか。全て出来るという方は、相当スキルが高い方だと思います。

しかし、やはり「オンラインスキル」に不安を抱えるシニアは多いのが実際でしょう。

皆さんはどのようにして「オンラインスキル」を高めますか?いまは、Youtubeで検索をすれば無料のパソコン使いこなし講座が沢山出てきますね。

在宅の時間を、どのように過ごすかは個々人の自由裁量ですが「アフターコロナ」のために新しいスキルを蓄えるという選択肢もあります。

当協会も「シニアのオンラインスキル向上」コンテンツを思案している最中ですので、いずれ皆さまのお役に立てればと思います。

シニアとパソコン

前回まで、現在の65歳の方々の30歳までの出来事を纏めてきましたが、今回は一旦年表をお休みをして「パソコンが普及してからこれまで」を振り返ります。

パソコンは、65歳の現シニアが30歳くらいの時に国内で普及し始め、15年ほどかけてビジネスの必須アイテムになっていきました。

いま「シニアのセカンドキャリア」を考えるとき、市場が求めているPCスキルを、シニアはどの程度持っているのでしょうか。

「シニアとパソコン」について、パソコンの浸透の歴史を振り返りながら「シニアとパソコン」について推察してみましょう。

パソコン導入期から普及期

現在の65歳がまだ20代だった1970年代。

パソコンはまだ存在せず、一般に「マイコン」と呼ばれるマイクロプロセッサを搭載した個人用小型コンピュータが、ごく一部の人たちに趣味的に使われていただけでした。

この「マイコン」は8ビットのコンピュータでしたが、16ビットのコンピュータが出始めたあたりで「パソコン」と呼ばれるようになり、これがいまの「パソコン」の黎明期となります。

1980年になると16ビットで処理能力の高い「NEC PC-9801」がビジネス用として発表されました。この「98シリーズ」は独自ソフトが多くの企業で親しまれましたが、90年代半ば市場にWindows95が出始めたあたりから徐々に形勢が悪くなり、2000年の最終モデル上梓で最後となりました。

Windows95は汎用性が高く、パソコンを市場に普及させる足掛かりとなりました。1995年~2000年までの5年ほどの間で、殆どの企業にパソコンが行きわたることになったわけですが、この時、いまの65歳の方々は当時45歳。ホワイトカラーのビジネスマンは、会社から強制的にパソコンを使わせられることになった人も多かったと思います。

 

インターネットサービスの伸長

2000年代は一気にノートパソコンが浸透。持ち運びができ、低価格化も進んだパソコンは、企業だけでなく各家庭にも一気に普及していきます。

2000年のパソコン普及率は38.6%で、2005年が64.6%なので、急激な浸透です。ホリエモンが東証マザーズに上場し、ライブドアが世間を騒がせ始めたのもこの頃でした。インターネットを生業とする企業が台頭し始めたのです。

シニアとパソコン

2005年、当時50歳の現シニアは、この急激なパソコン・インターネットの台頭をどう捉えていたでしょうか。

50歳といえば、職場では上司としてのポジションが定まり、経験やノウハウを生かして組織を牽引している年齢です。書類の作成や細々としたことは部下に任せ、経営や人脈形成などが主な役回りになるものです。「パソコン」を駆使することなく、仕事をバリバリこなすこともできたわけです。

しかし、定年後、雇用延長となり65歳になったシニアがいま「セカンドキャリア」を目指した時、企業から求められることは経営や人脈形成ではないことが殆どです。

よほど以前から再就職にむけて準備していない限り、こと「PCスキル」について企業ニーズに応えることは難しいのではないでしょうか。

そして、逆を返せば「PCスキル」はセカンドキャリアのための大きなヒントにもなりそうです。