TOPICS

『劇団四季』出身66歳の桃子さんと73歳のご主人。 劇団「GADSMITH」の裏方から表舞台に立つ

『劇団四季』出身66歳の桃子さんと73歳のご主人。劇団「GADSMITH」の裏方から表舞台に立つー(1)

長澄桃子さん長澄桃子さんは、埼玉を拠点にされているミュージカル劇団「GADSMITH(ガッドスミス)」の中心メンバーです。GADSMITHは、「楽しみを見出すプロ」という意味を込めて名付けられました。ミュージカル・古典劇・朗読劇・オーディブルストーリー等の公演、出張パフォーマンス、レッスンの開催etc…、幅広く活動しています。劇団四季出身の桃子さんとご主人の修さんは、2017年まで30年余り、関東国際高等学校演劇科で指導者として活躍されてきました。高校での指導を終えた直後、桃子さん61歳で、劇団「GADSMITH」を立ち上げました。ご主人の修さんが演出、桃子さんが脚本と作詞を担当されています。最近では、73歳の修さん、66歳の桃子さん、ともに役者として舞台に立っています。

5月13日(金)夜、14日(土)昼、夜の3公演(オリジナルミュージカル「リクエストは星の話」埼玉会館小ホール)を控え、熱気ただよう練習場をお訪ねしました。訓練された発声法でのセリフ回し、キレのあるダンスなど、迫力満点の練習風景を拝見させていただきました。練習後に長澄桃子さんにお話をお伺いしました。


セリフだけではなくダンスもある、なかなか激しい練習ですが、疲れませんか。

すごく疲れますよー。

61歳といえば普通ならリタイアを考えるころです。そんなタイミングで「GADSMITH」を立ち上げた経緯を教えてください。

高校、大学と演劇部、その後は、劇団四季に所属していました。結婚して劇団四季を辞めたのですが、浅利慶太さんとのつながりで関東国際高校の演劇科の指導者になりました。
高校のカリキュラムの中で、卒業公演はとても大きなイベントでした。しばらくは劇団四季の演目をやっていたのですが、児童文学作家の岡田淳さんとの出会いがあり、オリジナルミュージカルができるようになりました。岡田淳さんの原作を私が脚本にし、夫の長澄修が演出していました。こういう形で、2000年から2017年まで、卒業公演でオリジナルミュージカルを続けてきたのです。

残念なことに、2017年に関東国際高校の演劇科が終了することになりましたが、岡田淳さん原作のオリジナルミュージカルを世に出し続けたいという思いが強くありました。それなら、高校の演劇科の指導者(先生)たちが、教える側からパフォーマーとして頑張ろうと。自分たちで劇団を立ち上げようということになりました。その時、私は60歳を過ぎていました。

「GADSMITH」で目指していることはどのようなことですか。

先ほども言ったように、ひとつは岡田淳さんの作品をミュージカルとして世に出していくことです。それと、浅利慶太さんのメソッドで「美しい日本語」というのがあるのですが、そういったものも伝えたいと思っています。単なる母音法ではなく、私たちなりにいきついた、いきいきとした日本語、音楽的な言葉というようなメソッドを伝えたいと思っています。

また、お見せするからには、本物のエンターテインメントでなくてはならない、役者たちは発声など基礎がしっかりしていなくてはならない、とも考えています。

大きなポイントは、私たち「GADSMITH」は、生計を立てるための劇団ではないということです。あくまでも理想を追求したいのです。メンバーは生活のために、それぞれ別の場で仕事をしています。私たちは、お客様に「観にきて楽しかった」「また観たい」と感じていただくこと、それを純粋に目指しています。

「GADSMITH」の主な活動を教えてください。

岡田淳さん原作のオリジナルミュージカルを年に1回、それと「play! Song&Dance」を年に1回という形に固まってきています。「play! Song&Dance」は、朗読劇、歌、ダンス、プチミュージカル、古典劇の一部などで構成していて、メンバーそれぞれの得意分野を活かすようにしています。朗読劇では長澄修が言葉の力でドラマチックな語りを演じますし、ダンス畑出身者はダンスパフォーマンスで力を発揮します。音楽畑出身者は歌で力を発揮します。

そういえば、長澄修の姉は長年ニューヨークにいたオペラ歌手なのですが、今年の12月の「play! Song&Dance」でアリアを披露することになっています。今、79歳ですが、12月には80歳になっているかもしれません。音楽の斎藤信雄先生もいらっしゃるので、アリアが充実しそうです。

メンバーの方の年齢幅が広いようにお見受けしましたが、構成メンバーについて教えてください。

現在のメンバーは9人です。20代、30代、40代というふうに70代まで年代ごとにメンバーがいます。
私たちのような劇団四季出身者、関東国際高校の演劇科でダンスや歌を教えていた先生の他、高校の演劇科の卒業生、また、長澄修についていきたいと新たに加わったメンバーもいます。一番若いメンバーは関東国際高校演劇科の最後の卒業生で、今大学生です。娘の長澄小鳩が「GADSMITH」の代表として、劇団運営を担っています。

メンバーはそれぞれ、トリマー、ダンスの先生、音楽の先生など他の仕事をしながら、「GADSMITH」の活動をしています。この9人という少ないメンバーでも、できるオリジナルミュージカルをやろうと思っています。

また、メンバーは皆、過去に長澄修の演出で高校生が演技者として大きく変貌してゆくマジックを見てきています。ですから、長澄修の演出で自分を活かしてもらうことを楽しみに集まってきています。娘の小鳩も、とにかく修先生を尊敬していて、ミュージカルをやるための他の選択肢を選ばずに、「GADSMITH」で活動しています。

桃子さんが舞台に立っているのを見て、正直びっくりしました。長いブランクがあって、舞台に立つことに抵抗感はありませんでしたか。

少ないメンバーでやっていくためには、自分もパフォーマーにならないと回らないという事情が大きいのです。実は昨日も、娘の小鳩に、同じことを何回も何回も指導されました。舞台に立つからには、痛々しいと思われないようにしなくてはと思っています。高校で指導者をしていた間は座ってばかりいたので、舞台に立てるような身体の状態ではなくなっていました。舞台に立ち始めた当初は足がつったりしました。今は、舞台に立つにふさわしい身体になるように鍛えています。

長澄修は当初演出だけということだったのですが、やはり演技者として一番実力があるので、舞台に立ったほうがいいだろうということになりました。


(写真/センター壇上が長澄修さん)