fbpx

人口データのお話し

本日の話題は「人口データ」です。

普段生活していると、マクロな「人口データ」など遠い存在であり、意識してなくても全く問題無さそうです。

しかし、それほど遠くない未来を考えると、人口の動きを知っておくことは意味があります。

国内の65歳以上人口は、3,588万人に。

総務省の統計では、2019年の65歳以上の高齢者人口は全国で3,588万人と、過去最高の人数になりました。

日本の総人口1億2,617万人に占める割合は28.4%。およそ10人中3人が65歳以上になったということです。

他の数字と比較してみましょう。

2020年の東京都下の人口は1,398万人です。神奈川県では920万人、千葉県は628万人、埼玉県は734万人で、一都三県を全て合計すると3,680万人です。

3,588万人と3,680万人。一都三県の総人口が国内の65歳以上の数が殆ど変わらない。やはり世界一の「超高齢社会」です。

働きたいシニアの居場所は?

高齢化の流れは更に進み、2030年、日本の総人口は現在から700万人ほど減って1億1,900万人になるのに、65歳以上は3,715万人に増加します。

全人口が減るのに高齢者が増えるということは、少なくとも「今以上」の社会保障を期待することが難しくなるということです。

若年層一人当たりの税負担額が極端に増え、高齢者を支えきれなくなり、高齢者は自分の生活(経済)や健康を、自分で守る必要があります。

そのためには、アクティブで勉強熱心で、働きたいシニアがいつまでも働ける、そんな社会の実現が必要になります。

人口推移のロジックから「働きたいシニアがいつまでも働ける世の中のスタンダード化」は、実は避けることはできない課題なのです。

コメントする