TOPICS

マリコ眼鏡店で、シニアにとっての眼鏡の基本を知りました

マリコ眼鏡店で、シニアにとっての眼鏡の基本を知りました
ー(1)

東京の中野に真っ当な眼鏡屋さんがあると聞いて、お訪ねしてみました。シニアの場合、メガネをどう使うか迷うことがあるのではと思うからです。駅からまっすぐの商店街のすぐにその店はありました。

マリコ眼鏡店 鞠子潔さん(59歳)
東京都中野区5‐64‐8 JR中央線 中野駅 北口から徒歩1分
サンモール商店街内(ユニクロ隣)
眼鏡専門店 マリコ眼鏡店|東京 中野 (mariko-megane.com)


こんにちは。よろしくお願いいたします。隣がユニクロさんなのですね。この中野サンモール商店街もずいぶん変わったのでは?

そうですね、この10年、20年で、どうでしょう。90%は店が代わったのではないでしょうか。もちろんオーナーさんは残っているのですが、貸されていますね。この商店街は人通りも多いので、新たに入られるところも魅力的なのでしょう。ほかから比べれば恵まれていると言えます。

この間も100年続いた時計屋さんが閉められました。職人の方がご高齢で辞められたそうで。個人店がチェーン店に変わっていって、街の個性が小さくなりました。まあ、つまらないと言えば、そうですが。先日も知り合いの同業者がやめられ、貴重な検眼用レンズセットを何箱かいただきました。寂しいですね。 

でも、こちらはそんななか3代90年続けていらっしゃる

はい、昭和7年の開店ですから90年ほどになりますね。周りに助けられてここまで来ています。初代は金枠職人で、まじめな人でした。まあ、職人肌というのですかね。そこをお客様が気に入られて、当時近くの教会の神父さんが眼鏡を作っていただき、ずっと修理して使っていらっしゃったそうです。そのご縁で、いまもシスターさんが来られています。

うちは、浮き沈みはそれほどありません。バブルの時も高価なものをたくさん売ったりもしていないですしね。宝石の付いたものですとか、他店では多く売られていたそうですが、うちはいい意味で注文のうるさい方相手に丁寧に作っていただけです。それが結果、こうして続けていられるのですかね。

眼鏡は、機能とファッション、どちらも大切です。ともかく品ぞろえは多くして、お客様に満足していただくようにと考えています。レンズにしても、他店では使わないガラスレンズも多く扱っています。ですから、変わったレンズをご注文される方がうちに来られます。なるべくご要望に応えられるようにはしています。わざわざ、他県から来られる方もいらっしゃるくらいです。 

そういえば、タレントの伊集院光さんもよく来られるとか

何週間か前にも来られました。店のことをテレビやラジオで言っていただける。伊集院さんに合う大き目の眼鏡が、なかなか他店では見つからないそうです。うちは、まあそういうものも揃えていますので。番組の中で店名を挙げていただいています。“ほかにはないのでつぶれては困るから、店名を挙げて応援します”と。助かります。それでお客様が見えられますから。また、その眼鏡に合うケースがなくて、大きい妖怪ウオッチの絵柄の物を差し上げたら喜んでいただけました。 

そういえば、品ぞろえが多いですね

はい、どちらかというと個性的なものを集めるようにしています。まあ、いい意味のニッチ、格安メガネ店にないものですね。先ほどの大きい物や、丸眼鏡、あっ、あなたの丸眼鏡鼻当てのない一山、いいフレームですね(褒められました)、それに跳ね上げ式、強度近視用の小さい物とかですね。

実は、昭和天皇ご愛用のもと同様のを置かせていただいているのです。18金の丸眼鏡です(ガラスケースから出していただきました)。今では金価格が上昇し、この価格ではとても難しいと思います。

伊集院さんのは、こちらの大き目タイプですね(そう言って棚から目の前に)。こうしたものは格安メガネ店にはないですね。こちらに並んでいるものが強度近視用です(たしかに小ぶり)。小さいのが好みという方も買われます。いい物かどうかは、昔の職人なら黙っていてもわかります。今は、ホームページや口コミでがんばって宣伝しなければなりません。