fbpx

人口データのお話し

本日の話題は「人口データ」です。

普段生活していると、マクロな「人口データ」など遠い存在であり、意識してなくても全く問題無さそうです。

しかし、それほど遠くない未来を考えると、人口の動きを知っておくことは意味があります。

国内の65歳以上人口は、3,588万人に。

総務省の統計では、2019年の65歳以上の高齢者人口は全国で3,588万人と、過去最高の人数になりました。

日本の総人口1億2,617万人に占める割合は28.4%。およそ10人中3人が65歳以上になったということです。

他の数字と比較してみましょう。

2020年の東京都下の人口は1,398万人です。神奈川県では920万人、千葉県は628万人、埼玉県は734万人で、一都三県を全て合計すると3,680万人です。

3,588万人と3,680万人。一都三県の総人口が国内の65歳以上の数が殆ど変わらない。やはり世界一の「超高齢社会」です。

働きたいシニアの居場所は?

高齢化の流れは更に進み、2030年、日本の総人口は現在から700万人ほど減って1億1,900万人になるのに、65歳以上は3,715万人に増加します。

全人口が減るのに高齢者が増えるということは、少なくとも「今以上」の社会保障を期待することが難しくなるということです。

若年層一人当たりの税負担額が極端に増え、高齢者を支えきれなくなり、高齢者は自分の生活(経済)や健康を、自分で守る必要があります。

そのためには、アクティブで勉強熱心で、働きたいシニアがいつまでも働ける、そんな社会の実現が必要になります。

人口推移のロジックから「働きたいシニアがいつまでも働ける世の中のスタンダード化」は、実は避けることはできない課題なのです。

シニアにおススメの本「Book Now」

こんにちは、シニアライフデザイン協会理事の中西と申します。
 
私からは、「Book Now」と題して、アクティブシニアの方々におススメの書籍をご紹介していきたいと思います。本日は書籍2冊をご紹介したいと思います。
① 世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方(八木仁平 著)
 
1000万人が読んだ「伝説のブログ」の書籍化。
 
ご紹介する1冊目は、八木仁平 氏の「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方」(KADOKAWA)¥1,400(税別)です。
「人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド」と副題のついた本書は、就職・転職・起業・仕事選びの悩みから解放されると独自の手法による自己理解メソッド本です。
 
著者の八木仁平氏は独自で「自己理解」に取り組み、その手法を発信。ブログは累計2600万PV、Twitterフォロワー数2万4千人超です。
 
独自の図式を組み合わせ、わかりやすく自己理解のポイントを解説しており、その一項として「就職・転職の面接で、無敵になれる」という一説があります。
 
1、好きなこと(情熱) 2、得意なこと(才能) 3、大事なこと(価値観)の3つの円を明確にすれば、迷いはなくなる。それぞれを理解するためのポイントを詳しく教えてくれます。
 
人生のモヤモヤから解放を期待して、一読してみてはいかがでしょうか?

 

 
② 55歳からの時間管理術(齋藤 孝 著)
 
折り返し後の生き方のコツとは?
2冊目は齋藤 孝 氏の「55歳からの時間管理術 「折り返し後」の生き方のコツ」(NHK出版)¥800(税別)です。
「人生後半戦」に突入する50代半ば、これからの人生をどう充実させるか。その準備は、定年を迎える60歳では遅すぎると、著者は語ります。
 
時間の使い方を中心に考えるための指南書。第1章では、さまざまな例を挙げながら55歳以降の目標の設定の仕方を、第2章では55歳以降の時間の使い方を具体的に考えます。
 
キーワードは「自分の時間割は自分で決めよう」。
 
第3~5章は実践編として、55歳からの人生の重要なテーマを大きく「仕事」「教養」「社交」の3つに分け、それぞれを充実させるヒントや注意すべきことを挙げています。
 
各章の組み立ては短くワンテーマごとに構成されており、歴史上の人物の例を用いて分かりやすく読みやすくなっています。
 
著者はベストセラーも多く、テレビ・ラジオ等メディアにも数多く出演、ウィットに富んだ指南書となっています。 時間の使い方「時間割」を自分で考え、充実した人生を送るために一読してみてはどうでしょう。
以上、本日は2冊の書籍をご紹介しました。
まだまだ勉強。これからも皆さんにおススメの書籍をご紹介していきます。

アンケート回答 集計の続きです

本日は当協会アンケート回答の集計の続きをお伝えします。

当協会ホームページでおこなっている「シニアの就労」についてのアンケートでは、皆さんの生の声を頂いております。

 

その他では「起業する」「シルバーに特化した転職サイトで探す」「シニア対応のコンサルティング会社に相談する」「再就職はしない」などの回答が挙げられました。

およそ4人に一人は「知人への相談、紹介」を考えるとのこと。人材バンクへの登録も検討される方も多いみたいです。

ハローワークに行かれる方もいらっしゃいますが、今後ハローワークの担当さんにも取材し、シニアの就労の現状についてお話を頂きたいと思います。

シニアの再就職において、もっとも大切だと思うのは何ですか?

 

この質問には様々な回答が寄せられています。

一番多いのは「真摯さ、謙虚さ」といった回答です。近しい答えでは「プライドを捨てる」「前職の役職を引きずらない」「ヒューマンスキル」「対人協調性」などがあり、まずは「シニア本人の考え方」を重視されていることがよく分かります。

次に多いのは「健康」「体力・やる気」「気力」「モチベーション」など、心身の健康についてです。心身の健康無くして充実した仕事無しといったところでしょう。

 

「シニアの雇用に前向きな企業が必要」とか「受け入れ側の姿勢」など、シニアの問題ではなく、企業側の問題という回答も見受けられました。シニアにやる気があっても、往々にして企業側の門戸が開いていないということですね。

中小企業は今後、人手不足の解消をどのように解決するかといった課題に直面するようになると思いますが、これまでシニアの雇用に消極的だった企業には、今回のアンケートに前向きな回答を寄せているようなシニアの方々に、是非目を向けてもらいたいと思います。

アンケート途中集計を発表します

サイトにご訪問頂いた皆様にご協力頂いているアンケートも、回答者が50名を超えました。ご協力ありがとうございます。

途中集計を皆様にもご覧いただければと思います。

Q1 ご自身の年齢をお教えください

50代 31.9%
60代 57.4%
70代 10.6%

フェイスブックで掲載している広告は50歳以上の方々に配信しているため、アンケートにお答えいただく方も皆さん50代以上の方です。ご協力ありがとうございます。

Q2 そもそも「シニア」と呼ばれるのは何歳からだと思いますか?

50歳から 11.8%
60歳から 31.4%
65歳から 19.6%
70歳から 11.8%

最も多かったのは「60歳から」の31.4%でした。50歳からと答えたかたも11.8%居ますね。「そもそもシニアという括りは無いと思う」と答えた方も3名いらっしゃいました。

「シニア」という言葉はネガティブに捉えるケースと「大人=シニア」とポジティブに捉えるケースに分かれるのではないでしょうか。

Q3からは、グラフも一緒にご覧ください。

 


2位の「シニア活用に理解ある企業」が多かったのは、年齢ではねられる方が多いことを物語っているのでしょうか。また、3位に「人脈」が挙げられるのはシニアの再就職が「知人の紹介」で成立するケースが多いことからもわかりますね。

やはり自信をお持ちなのは「実務経験」が圧倒的で、83.3%です。「マネジメント経験」54.2%、「人脈」39.6%でこちらも自信がある方が多いですね。

「PCスキル」に自信をお持ちの方も31.3%と意外と多かったです。もともとIT畑のお仕事をずっとされていた方にコメントを頂いていたりと、働かないと勿体ないなと・・。

現在はリモートワークが普及してきていますから、わざわざ電車に揺られて会社に行かずとも、シニアの方がPCを使って自宅でできる仕事も増えてくるのではないでしょうか。

 

逆に「自信が無いもの」については圧倒的に「ITの知識」が高かったです。学習の余地がありそうですね。また「人脈」と答えた方も31.3%と多かったのが気になります。既に同世代の方が現役を引退されていて、いるということでしょうか。

ここから考えられるのは「IT知識・パソコンスキルに自信がある方」が「自信のない方」に向けて教える、仕事に役立つスキルを伝授する、などの仕事はニーズがありそうだということです。お金を稼ぎたいわけではない人は「シニアがシニアに教える仕事」で役に立つのはありかもしれません。