fbpx

なぜ似てるの?プロスポーツ選手とシニアの食事

  1. Home
  2. /
  3. シニア 生活

世界ランキングプロテニスプレイヤー、男子一位のジョコビッチ選手の食事について
興味を持たれた方が多かったみたいなので、今日はプロスポーツ選手と、
シニアの食事についてその類似点について考えてみようと思います。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」によると、料理は奥様と一緒に作ってるそうです。

世界各地を転々と回るツアーの生活で、ツアーをしない月は年に1、2ヶ月ほどしかないそうです。
するとキッチンでプレーの話をしながら、料理自体も楽しんでいる2人の姿が浮かんできます。

つまり本来ならどうしても外食づけになりやすい環境なのです。そうでありながらツアーを回りながら、
キッチンのある住まいを確保し、2人で料理を続けている。これだけでも、
いかに「自分たちで料理をする」生活に力を入れているかわかります。

もちろんこれは小麦アレルギーのジョコビッチにとって、吟味した材料だけを口にしたいためですが、
体が資本の彼らにとって、「グルテンフリーの食事を作り、それを食べる」生活の管理と実践こそ、
体のメンテナンスの第一歩であり、世界ランキング一位を続けられる源だからに違いありません。

なぜ似てるの?プロスポーツ選手とシニアの食事

 

そこで今回の関心のポイント。ジョコビッチ選手の食事が、

なぜシニアの食事と類似点があるのか?

それはジョコビッチ選手が実践している「グルテンフリー食」

にあります。グルテンフリー食はケトン食とおおまかには

類似しているからです。「ケトン食」は最近話題です。

その基本は糖質制限食に近い栄養成分で、グルテンフリーとは
グルテン摂取ができませんから、小麦粉はNG。つまりパンや麺類はNG。

つまり糖質制限食に類似点が多いと気づきます。
「グルテンフリー」「ケトン食」「糖質制限」これらは調べてみると面白そうです。

 

気になる方はこの本をどうぞ。誰にとっても体は資本。

最近とみにプロスポーツ選手の食事と、シニアの食事が
なぜ同じ方向性を向いて来ているのか?

そのなぞを自身で解いてみるのはシニアが健康を考える一歩、
もしかして料理するきっかけになるかもしれません。

シニアの健康をつかさどるのは何より”食事”という魔法

シニアの健康をつかさどるのは何より"食事"という魔法
  1. Home
  2. /
  3. シニア 生活

「どうすれば平均寿命じゃなくて、健康寿命をのばすことができるのでしょうか?」

これが気になるのは、「うちのおばあさん、95歳まで生きて亡くなったんです。」
という話を、周りで最近よく聞くからなんです。本当です。

それも何人かの方々から。その方達から伝え聞いたところでは、
90歳近く、80歳代後半までかなりお元気だったと。

こうなってくると、平均寿命はもうどうでもよくて、問題は健康寿命なのだと、気がつきます。
そこで実に面白い話を思い出しました。ドクター中松のイグノーベル賞です。

発明家のドクター中松は2005年に、ノーベル賞のパロディであるイグノーベル賞をお受けになりました。
これはそもそもドクター中松が、当時35年間に渡り、日々自分の食事を撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析し続けた功績に対して贈られたものです。

ドクター中松は、42歳のときから食べた食事の記録、血圧や体重などの情報を集め、当時までに撮影した食事の写真は1万枚以上に上るとの事。このイグノーベル賞とはノーベル賞受賞者が選考委員となって選ぶ賞で、米国ハーバード大学のサンダースシアターで授賞式が行われたのが、2005年10月6日(木)のことです。受賞理由は、従来の栄養学を根本から変えたドクター・中松のReBody理論という全く新しい研究に対するものでした。

ここで出てきた「従来の栄養学」については、数多くの論説でも、
最近頓に覆されてきた内容が語られていて驚くばかりです。
シニアにとってもそれ以外の年代層にとっても、食事が健康をつかさどっているのは、
パロディでも何でもなく科学的事実です。

今日は最近読んだ本の中で、特に印象深かった、ある食事に関する1冊の本についてです。

これはシニアにとっても、あらゆる年代層にとっても、健康であってもなくても、
アレルギーがなくてもあっても、実に興味深い内容が語られています。

シニアの健康をつかさどるのは何より
ジョコビッチの生まれ変わる食事
あなたの人生を激変させる14日間プラグラム

ジョコビッチは世界一流のテニスプレイヤーですが、「そんな人とシニアの健康が何の関係があるの?」と思われる方、驚くなかれ、ジョコビッチにも、うまく行かずもがき苦しんだ2年間(2008年から2010年)があったのです。ジョコビッチは自身で小麦アレルギーという事に気づいていませんでした。

それを教えてくれたのが2010年、TVでジョコビッチが試合中にぶっ倒れたプレーを観戦していたある博士だったのです。「君は小麦アレルギーだ。」

それから18ヶ月後にジョコビッチは「もう一歩のそこそこいい選手」から、「世界ランキング一位の最高選手」に変身しました。ジョビッチを変えたのは、食事の内容だけでした。

特に興味を感じたのは、誰でも「もう一歩」のところで、もがく事があるからです。

その時、その一歩をぬけるにはどうしたらいいのか、どこにその突破口があるのか、ヒントがあるのか、
プロスポーツ選手の場合は、体が資本で、その体を支えているのが食事だった。ジョコビッチはグルテンフリーを見抜いてくれた博士の進言を実践する事で、その一歩を抜きん出る事ができた。

 

たとえプロスポーツ選手でなくても、若い人でも、シニアでも、体は誰にとっても資本です。
その体を作っているのは食事ですから、その食事という魔法の威力をこの本でより知るのは、面白いばかりではなく、自身の食事にヒントがもらえ、

そしていずれこの食事の魔法で、あなたの健康寿命にいい影響が出てくると感じます。

超高齢社会でのこれからのシニアの生き方

超高齢社会今後シニアはどう生きる? 一般社団法人シニアライフデザイン協会

  1. Home
  2. /
  3. シニア 生活

団塊世代が後期高齢者になることで起こる様々な問題、2025年問題。
 
社会保障制度の崩壊や、医療・介護人員不足による高齢者のQOL低下の想定などが挙げらています。
 
そのような時代、いまのアクティブシニアはどのような仕事をし、生きていけばよいのか。
 
人それぞれ、百人百色なのは承知の上で、それでも何に気をつけていくべきなのかを書いていきたいと思います。

①まずは健康寿命

超高齢社会今後シニアはどう生きる? 一般社団法人シニアライフデザイン協会
わかりきったことですが、まずは「心身ともに健康」が第一でしょう。
 
仕事でもボランティアでも起業でも、社会との関わりを保ちつつ、カラダを動かす。新たな役割のなかで商談や意見交換をする。
 
 
 それが精神の安定にもつながり、充実感につながります。男性に多いと言われる「退職後の引きこもり」は、次第にぼんやりする時間が増えていきます。
 
やはりカラダが元気であれば、他者との関わり合いを積極的に取り入れることです。
 
ちなみに「シニアがおこないたい社会貢献」では ①地域社会への貢献 ②育児・子育てでの社会貢献 ③介護シニア支援 などが主に挙げられます。
 
これまでの「仕事中心」の人間関係を見直し、新たな「人生の仕事」を見つけ、社会に貢献するのも一つです。
 
仕事にせよボランティアにせよ、その新たな役割が「やりがい」「生きがい」を感じられるものであれば言うことはありません。
 

②勉強と向上心

これまでの生活の延長線上でなく、新しい情報に触れたり刺激を受けることは良いことです。
 
スポーツや筋トレで体を鍛え、そのあとにやってくる「自分が向上しているんだ」という「多幸感」を味わった経験を持つ人は多いと思いますが、
 
精神的な充足は、勉強や鍛錬から満たされるものです。
超高齢社会今後シニアはどう生きる? 一般社団法人シニアライフデザイン協会
 また「自分は知らないことがたくさんあるのだ」と自覚することは社会に対して謙虚な姿勢を生みます。
  
最近「リカレント教育」という言葉が注目されるようになりましたが、もともと「リカレント」は「 反復、循環、回帰」を意味するもので、
 
国内では主に「教育を受けてきた社会人の学び直し」を指しています。
 
「リカレント教育」が注目されるようになったのは、技術革新のスピードの急速な変化による新たな知識の吸収の必要性や、
 
少子高齢社会の到来で高齢者や女性がもう一度学び直して活躍をするようになる必要性が出てきたためです。
 
「リカレント学習」は仕事に活かすための学習で、経営や経済全般、外国語、IT、資格取得などが挙げられます。
 
昔からよく言われる「生涯学習」は、趣味やスポーツなど仕事に結びつかないものも含む学習のことを言います。

③シンプルな生活

超高齢社会今後シニアはどう生きる? 一般社団法人シニアライフデザイン協会
最近は「ミニマリスト」という生き方が取り上げられるようになりました。
 
最初からモノを持たない、厳選されたモノだけに囲まれた、最小限の要素だけで表現したり暮らしたりする主義のことです。
 
モノが多く溢れている生活は、余計なことを考えるきっかけになったり、ストレスを生みやすいと言われています。
 子育てが終わり、急に住まいが広く感じられるようになったというシニアも多いでしょう。
 
これからの人生を安心、安全なシンプルな生活に転換することも一つの選択肢ではないでしょうか。
 
新たな仕事や役割にチャレンジするには、それらにフォーカスするための環境作りともいえるでしょう。
 
また「モノよりコト」と言われる昨今です。
 
モノに投資するよりも、思い出に投資することが豊かなシニアライフにつながるのではないでしょうか。

何歳からが「シニア」?

何歳からが「シニア」?  一般社団法人シニアライフデザイン協会

  1. Home
  2. /
  3. シニア 生活

昨日、71歳の女性とシニアの就業についてお話をしたのですが、彼女は「私も「シニア」なんでしょうか?」と仰っていました。先週話をした66歳の女性も全く同じです。「シニア」と呼ばれるのは抵抗がありますよね。

一般に、20~40代の人たちが思うシニアは「65歳以上」と言われています。しかし、65歳の当の本人は半数以上が自分を「シニア」だと思っていません。

調査会社のリサーチ&ディベロップメントがおこなった調査によると、誰しもが「シニア」と認める年齢は「75歳以上」という統計結果が出ています。

しかし、75歳になっても自分を「シニア」と認めない人も一定数以上いるようです。

 

年齢で分けるのは適切ではない「シニア」

こうなってくると年齢区切りで「シニア」と呼ぶのは適切ではないということになります。これまでの仕事、経験、年の取り方は人それぞれ。一括りにすると間違った選択をすることもあるでしょう。

ビジネスの世界では「シニア」という言い方より相応しいのは「マスターズ」という言い方でしょうか。スポーツでも一定以上の年齢向けの大会は「マスターズ」と呼ばれます。

「マスターズ」という言葉からは「上級者」「ステイタス」などのニュアンスも感じ取られますね。