fbpx

活躍する大人達(2)標本作家植物 中西久隆(なかにし ひさたか)さん

活躍する大人達(2)標本作家植物 中西久隆(なかにし ひさたか)さん

定年退職してから再就職、または起業し、再活躍している大人を紹介する「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。


中西さんは現在70代。ご自身で30年続けてきた企画会社を後輩に委ね、現在は「植物標本作家」として、高野山の植物を使ったアートの制作に精力的に取り組まれています。

山中のご自宅は色とりどりの植物に囲まれた築150年の古民家。昔ながらの囲炉裏のあるお部屋を工房にして、植物のすばらしさを今発信しています。

 

Q  本日はありがとうございます。早速ですが自己紹介をお願いします。

学校を出て大阪で広告会社に入社し、35歳で独立して企画会社を作りました。最初は音楽関連の仕事をしてましたが、バブルが弾けてからはガーデニングやペット関連の仕事を受けることが多くなりました。

市場調査から商品開発など、マーケティングに関わることが好きでそれを仕事をしてたという感じです。特にガーデニング業界では小売店の社長さん達とのネットワークなども出来て、商品企画など手掛けることが多かったです。

元々植物が好きで、高野山の実家でも庭の手入れなどはしていましたが、今「仕事」となってからも好きなことだから、続けることは苦にならないですね。

 

「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。

Q 現在は「植物標本作家」として活動されていますが、具体的にはどんなことをされているのでしょうか?

私の実家は高野山の山中で、自然に囲まれています。長らく庭に手を入れたりして好きなようにしていました。

その延長で、現在は高野山の様々な植物を採取して標本にし、アート作品として皆に知ってもらいたいと思っています。

企画会社を経営しているときもガーデニングの仕事をしていたので、植物を標本にして更にアート化するということは、まだ誰もやっていないカテゴリーだということはわかっていました。

ガーデニング業界でどんな人が人気があるか、どんな本が売れている、ある程度わかっているので、自分が興味あることなら他人にもも関心を持ってもらえると思ったんです。

Q 長らく働き続けてきて、常に新しいことにチャレンジする原動力は何でしょうか?

働き続けてこれた理由としては、ひとつには時代が良かったのかということですね。

若い頃は世の中全体に景気が良かったし、独立してからも音楽関連の仕事も時代に合っていた。その後のガーデニング、ペット関連の企画の仕事も丁度ブームが来ていました。

だから、多少苦しい時期もあったことはありましたが、好きなことを運よくやってこれたという印象です。

原動力というと大袈裟かもしれませんが、性格的なものもあるでしょうね。なんでも触ってみたり、一歩踏み出してみるという性格というか。ただ見ているだけということが出来ないというか。

 

「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。

シニアにも、趣味を持っている人は多いんですが、そこから更に踏み込んで「仕事」にしてしまう人は少ないと思いますね。

例えば、私の周りには高野山の植物の写真を撮影することを趣味にしている方もいますが、それを仕事にするようなことは無いですね。

ただ、私の場合は過去の経験上、業界全体のなかで過去にこういう作品、商品は無かったということが分かっているし、トレンドからもニーズがありそうだという仮説が立てられるので「やってみようかな」と腰を上げることが出来るんです。

 

Q そういえば最近ガラケーからスマートフォンに変更されたとのことですが・・・

そうなんですよ(笑) スマホなんて使うことは無いだろうと思っていたんだけど。

植物標本を始めてから、インスタグラムにも登録したり、自分がしていることを発信するために必要性が出てきたわけです。情報発信という点、スマホに変えて良かったと思います。

 

活躍する大人達(1)五反田コワーキングスペースPAO 鈴木英三さん

定年退職してから再就職、または起業し、再活躍している大人を紹介する「活躍する大人達」Vol,1は、東京・五反田でコワーキングスペースを設立、運営している鈴木英三さんにお話しをお聞きしました。


今回は、五反田駅から徒歩5分、目黒川のほど近くでコワーキングスペースPAO(パオ)を主宰・運営する鈴木英三さん(66)にお話をお聞きすることができました。

「コワーキングスペース」とは、異なる職業や仕事を持つ利用者たちが、交流しながらオフィス環境を共有できるスペースのこと。

鈴木さんは会社員時代から定年後の起業を計画し、61歳の時にPAOを開設、現在6年目を迎えました。「様々な業種・世代の利用者の方々との交流が仕事のやりがい」と語る鈴木さんに、起業の準備から設立、これまでの経緯についてお話をいただきました。

Q  本日はありがとうございます。早速ですが自己紹介をお願いします。

東京・神田で生まれ、現在66歳です。コワーキングスペースPAO(パオ)は、  61歳の時にスタートしましたが、経営全般と運営を見ています。

 

Q 定年後の仕事について考え始めたのは、いつ頃からですか?

起業を考え始めたのは50歳くらいのころからだったと思います。でも、最初は具体的に何かとはすぐにはならなくてモヤモヤしてました。53歳から「週末起業」という会員制フォーラムに通い始めたりしました。 そこは会社で仕事しながら起業しようといった人たちが集まるようなところ でした。
 
そのころはまだ「副業」が今ほど一般的なことでなく、会社も副業を認め ていなかった頃でした。そのため、会員制フォーラムに行っていることも、 起業について準備をしていることも、会社の同僚には一切話さなかったです (笑)。でも後から考えると、早いうちに準備していて良かったと思います。
 
Q  なぜ「コワーキングスペース」の仕事にしようと思ったのですか?

コワーキングスペースをやると決めたのは2013年で、会社員としてはちょうど定年を迎えたあたりでしたね。起業の準備で会社帰りにコワーキングス ペースに通っていたのですが「自分が使っているのだから、必要とする人も 多いのでは?」と思ったのがきっかけです。

それと、この仕事なら、仕事に追われ過ぎずに、人生も楽しむことができる のではと思いました。沢山の人を雇用しなくてもやっていけるし、大金は稼 げないかもしれないけれど、年に一度くらい海外旅行にも行けるかもとも考えました。

Q   このお仕事のやりがいは何だと思いますか?

PAOにはいま、100人くらいの会員さんがいらっしゃいます。一時利用のお客様も含めれば、設立してからの延べ総数では多分2000人弱くらいのお客様に利用いただいています。

コワーキングスペースにはいろいろな職種、年齢の方々が集まるのですが、  PAOがきっかけでコミュニティが出来上がって、一緒に仕事をするようになるなどの出会いがあります。このような出会いは会社員時代には味わったことのなかった貴重な経験だし、人と人がつながる場を提供出来ているのが、この仕事のやりがいだと思っています。

シニアの会社HP作成・起業HP作成の無料相談を受け付けます

シニアのホームページ作成、無料相談受付を開始しました

既に会社のホームページを開設しているがリニューアルしたい。これから起業をしようと思っているが、ホームページを作成したいといったシニアの方からの相談に「無料」でお答えします。

「ワードプレスを使って自分でホームページを作成したいけれど、何から手を付ければ良いか分からない」などの質問でも大丈夫です。ホームページはそれほどお金をかけずとも作成できます。

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-6868-4172

メールでのご相談はこちらから 

当サイトのお問い合わせフォームからでも結構です。

 

(対象となる方々)

  • 50歳以上の方
  • ホームページの作り方はわからないけれど、出来るだけお金をかけずにホームページを自分で作れるようになりたいという方
    既にホームページを持ってはいるけれど、リニューアル制作をして活用できるようになりたいという方
  • ホームページへの効果的な集客の仕方が分からない方
  • ホームページの制作はしたくはないが、格安で安心して制作を任せられるところを紹介してほしいという方

(注意点)

  • 当協会の無料相談は、ホームページを無料で制作するサービスではありません。誤解の無いようお願いいたします。
  • 既にホームページを開設しており、それらが技術的に相談の範疇を超えている場合は対応しかねます。
  • ビジネスでのホームページ活用以外の相談には対応しておりません。

尚、当協会は原則として、再就労・起業などで再活躍をしたいというシニアの方への支援・情報発信と、それによる中小企業を中心とした経済の再活性を目的として活動をしております。それ以外の、方向性の違うご意見等にはお答えできません。

あらかじめご了承ください。