fbpx

「協同労働」という新しい働き方をご存知ですか?

協同労働という新しい働き方

持続可能な地域社会の実現に向けて、「考えて、出資して、働く」

皆さんは「協同労働」という働き方があるのをご存じでしょうか?

「協同労働」とは「地域社会のお困りごとを、皆で知恵やお金や労働や時間を出し合って解決し、持続可能で豊かな地域社会を実現していきましょう。」という働き方です。そして、これを法制度的にも認可した「労働者協同組合法」が、昨年12月4日の参議院本会議で議決され、公布されました。 

労働者協同組合法の概要は以下の通り。

  • 組合員が出資をすること
  • その事業を行うにあたり組合員の意見が適切に反映されること
  • 組合員が組合の行う事業に従事すること
  • 労働者協同組合は、営利を目的として事業を行わない
  • 労働者協同組合は、特定の政党のために利用してはならない

出典:労働者協同組合法概要 厚生労働省

いま、SDG’s「Sustainable Development Goals」(持続可能な開発目標)に人々の意識が向かう中、持続可能で豊かな地域社会の実現を目的とした「協同労働」という新しい働き方にも、期待が広がっています。

ワーカーズコープとは?

「協同労働」を形にし法令化された「労働者協同組合」ですが、その一つに日本労働者協同組合連合会(別名「ワーカーズコープ」(Worker’sCoop)があります。法令化のために長年運動を続けてきました。持続可能で活力ある地域社会の実現を目的としています。

「協同労働」という働き方に年齢の制限はなく、特別シニアを対象にしたものではありません。ただ「地域社会のお困りごとを、それぞれが持ってる余った知恵や、お金や、労働や、時間など、自分の出せる価値を出し合って、仕事を自分たちで作り出し、解決していく」という考え方は、社会貢献意欲の高く、経験豊富なシニアには合った働き方といえるかもしれません。
 

ワーカーズコープ日本労働者協同組合連合会開催のイベントがあるようです。

「協同労働よい仕事」
研究交流全国集会2021

zoomオンライン集会
全体会:2021年2月27日(土)12:30-17:00
分散会:202
1年2月28日(日)10:00-15:00

コロナ禍でもオンライン集会なら気軽に参加できそうですね。興味のある方はzoom集会をのぞいてみてはいかがでしょうか?

シニアが選ぶしごと(1)介護業界で働くということ

シニアが選ぶしごと(1)介護業界で働くということ。一般社団法人日本在宅介護協会 事務局長佐々木様

一般社団法人日本在宅介護協会 事務局長佐々木様 取材

 
定年後、シニアがもう一度働こうとしたとき、選択肢はそれほど多くはないかもしれません。しかし、どうせ働くのであれば、自分らしく満足できる仕事をしたい、やりがいを見つけたい、そう考える方も多い筈です。

今回は、介護の世界で実績と絶対的な信頼を持つ業界団体である「一般社団法人日本在宅介護協会」の事務局長佐々木様に「介護業界でシニアが働くということ」というテーマでお話をお聞きすることができました。


Q 佐々木さん、本日はお時間をいただきまして、本当にありがとうございます。最初に、佐々木さんが在籍されている協会について教えていただけますでしょうか。

はい。日本在宅介護協会は、そもそも昭和63年に訪問入浴のサービスの事業者団体からスタートしました。平成元年にもうひとつ在宅介護事業協議会というのが立ち上がって、それらが平成10年に合併して現在の協会の母体となりました。

そのころは介護というと自治体による福祉サービスのひとつで、自治体が各地の福祉事業者に委託をしていて、100%税収による運営だったわけです。それが平成12年に介護保険制度がスタートすることになり、民間介護事業者の参入も許可されることになりました。介護保険制度スタートに向けて両者の合併が行われたということです。

ルーツをさかのぼると、厚労省との密接な関わり合いなども含め、業界団体の中では一番歴史・伝統がある協会であると言えます。

Q ありがとうございます。佐々木さんのお仕事についてもお教えいただけますか?

私自身、現在は協会の会員企業から出向し、事務局長として働いています。

協会の理事会で決議された内容を履行していくのが事務局の役割であり、例えば内部の調整や厚労省への提言内容の取りまとめ、各部会の活動内容の取りまとめなど、ありとあらゆることをやっています。

Q シニアライフデザイン協会では、シニアの就労ということについて情報発信をしています。佐々木さんは「介護業界でシニアが働く」ということについてどう思われますか?

そうですね。介護というのは、利用者のプライバシーや生活の領域に踏み込まざるを得ない、割とセンシティブな仕事です。だから、いろんな社会経験・体験を積んで、相手の気持ちを察することができるシニアの方にとって「介護の仕事」はピッタリだと思いますね。

いろいろな経験をお持ちの方であれば、利用者の方もそのご家族も、皆さん安心されますし大変喜ばれると思います。

実際、現場で中心になって働いているのはシニアの皆さんです。訪問介護の従事者の平均年齢は60代ですし、70代でも現役バリバリで活躍されてます。会社ごとに定年制度の違いはありますが、基本的に体力があればいつまでも働けます。年齢を理由に誰かに「辞めてくれ」と言われることもありません。

シニアの皆さんには是非、介護の仕事にチャレンジして頂きたいと思います。

シニアが選ぶしごと(1)介護業界で働くということ。一般社団法人日本在宅介護協会 事務局長佐々木様

Q では、これまで介護に関わったことのないシニアが「介護の仕事をしてみよう」となったら、なにから始めたらいいのでしょうか?

いきなり資格をとるのはハードルが高いので、どこでもよいですがご自宅の近くにある介護事業所に見学にいって、手伝えることから始めるということもできると思います。大手の会社であれば「有償ボランティア」という制度がある会社もありますし、無資格でも働けるところがあります。

やってみて「この仕事、自分に合っているかも」となれば、もう少し突っ込んで非常勤スタッフに、さらに意欲があれば常勤に、というステップが良いかもしれません。今はどこにでも介護事業所がありますので、通勤で負担がかかるといったことも無いでしょう。勤務時間なども、ご自身の希望も伝えやすいのではないでしょうか。

なぜ似てるの?プロスポーツ選手とシニアの食事


世界ランキングプロテニスプレイヤー、男子一位のジョコビッチ選手の食事について
興味を持たれた方が多かったみたいなので、今日はプロスポーツ選手と、
シニアの食事についてその類似点について考えてみようと思います。

「ジョコビッチの生まれ変わる食事」によると、料理は奥様と一緒に作ってるそうです。

世界各地を転々と回るツアーの生活で、ツアーをしない月は年に1、2ヶ月ほどしかないそうです。
するとキッチンでプレーの話をしながら、料理自体も楽しんでいる2人の姿が浮かんできます。

つまり本来ならどうしても外食づけになりやすい環境なのです。そうでありながらツアーを回りながら、
キッチンのある住まいを確保し、2人で料理を続けている。これだけでも、
いかに「自分たちで料理をする」生活に力を入れているかわかります。

もちろんこれは小麦アレルギーのジョコビッチにとって、吟味した材料だけを口にしたいためですが、
体が資本の彼らにとって、「グルテンフリーの食事を作り、それを食べる」生活の管理と実践こそ、
体のメンテナンスの第一歩であり、世界ランキング一位を続けられる源だからに違いありません。

なぜ似てるの?プロスポーツ選手とシニアの食事

 

そこで今回の関心のポイント。ジョコビッチ選手の食事が、

なぜシニアの食事と類似点があるのか?

それはジョコビッチ選手が実践している「グルテンフリー食」

にあります。グルテンフリー食はケトン食とおおまかには

類似しているからです。「ケトン食」は最近話題です。

その基本は糖質制限食に近い栄養成分で、グルテンフリーとは
グルテン摂取ができませんから、小麦粉はNG。つまりパンや麺類はNG。

つまり糖質制限食に類似点が多いと気づきます。
「グルテンフリー」「ケトン食」「糖質制限」これらは調べてみると面白そうです。

 

気になる方はこの本をどうぞ。誰にとっても体は資本。

最近とみにプロスポーツ選手の食事と、シニアの食事が
なぜ同じ方向性を向いて来ているのか?

そのなぞを自身で解いてみるのはシニアが健康を考える一歩、
もしかして料理するきっかけになるかもしれません。

シニアの健康をつかさどるのは何より”食事”という魔法

シニアの健康をつかさどるのは何より"食事"という魔法

「どうすれば平均寿命じゃなくて、健康寿命をのばすことができるのでしょうか?」

これが気になるのは、「うちのおばあさん、95歳まで生きて亡くなったんです。」
という話を、周りで最近よく聞くからなんです。本当です。

それも何人かの方々から。その方達から伝え聞いたところでは、
90歳近く、80歳代後半までかなりお元気だったと。

こうなってくると、平均寿命はもうどうでもよくて、問題は健康寿命なのだと、気がつきます。
そこで実に面白い話を思い出しました。ドクター中松のイグノーベル賞です。

発明家のドクター中松は2005年に、ノーベル賞のパロディであるイグノーベル賞をお受けになりました。
これはそもそもドクター中松が、当時35年間に渡り、日々自分の食事を撮影し、食べた物が脳の働きや体調に与える影響を分析し続けた功績に対して贈られたものです。

ドクター中松は、42歳のときから食べた食事の記録、血圧や体重などの情報を集め、当時までに撮影した食事の写真は1万枚以上に上るとの事。このイグノーベル賞とはノーベル賞受賞者が選考委員となって選ぶ賞で、米国ハーバード大学のサンダースシアターで授賞式が行われたのが、2005年10月6日(木)のことです。受賞理由は、従来の栄養学を根本から変えたドクター・中松のReBody理論という全く新しい研究に対するものでした。

ここで出てきた「従来の栄養学」については、数多くの論説でも、
最近頓に覆されてきた内容が語られていて驚くばかりです。
シニアにとってもそれ以外の年代層にとっても、食事が健康をつかさどっているのは、
パロディでも何でもなく科学的事実です。

今日は最近読んだ本の中で、特に印象深かった、ある食事に関する1冊の本についてです。

これはシニアにとっても、あらゆる年代層にとっても、健康であってもなくても、
アレルギーがなくてもあっても、実に興味深い内容が語られています。

シニアの健康をつかさどるのは何より
ジョコビッチの生まれ変わる食事
あなたの人生を激変させる14日間プラグラム

ジョコビッチは世界一流のテニスプレイヤーですが、「そんな人とシニアの健康が何の関係があるの?」と思われる方、驚くなかれ、ジョコビッチにも、うまく行かずもがき苦しんだ2年間(2008年から2010年)があったのです。ジョコビッチは自身で小麦アレルギーという事に気づいていませんでした。

それを教えてくれたのが2010年、TVでジョコビッチが試合中にぶっ倒れたプレーを観戦していたある博士だったのです。「君は小麦アレルギーだ。」

それから18ヶ月後にジョコビッチは「もう一歩のそこそこいい選手」から、「世界ランキング一位の最高選手」に変身しました。ジョビッチを変えたのは、食事の内容だけでした。

特に興味を感じたのは、誰でも「もう一歩」のところで、もがく事があるからです。

その時、その一歩をぬけるにはどうしたらいいのか、どこにその突破口があるのか、ヒントがあるのか、
プロスポーツ選手の場合は、体が資本で、その体を支えているのが食事だった。ジョコビッチはグルテンフリーを見抜いてくれた博士の進言を実践する事で、その一歩を抜きん出る事ができた。

 

たとえプロスポーツ選手でなくても、若い人でも、シニアでも、体は誰にとっても資本です。
その体を作っているのは食事ですから、その食事という魔法の威力をこの本でより知るのは、面白いばかりではなく、自身の食事にヒントがもらえ、

そしていずれこの食事の魔法で、あなたの健康寿命にいい影響が出てくると感じます。

ホームページをリニューアルオープンしました。

一般社団法人シニアライフデザイン協会のホームページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

このたび、公式フェイスブックとの連動性を考慮したホームページにリニューアルオープンいたしました。

また、今後は記事投稿だけではなくシニアの就労支援についての各種セミナ―情報や行政・民間の各団体様の窓口情報などを随時更新していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。