fbpx

活躍する大人達(2)標本作家植物 中西久隆(なかにし ひさたか)さん

活躍する大人達(2)標本作家植物 中西久隆(なかにし ひさたか)さん

定年退職してから再就職、または起業し、再活躍している大人を紹介する「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。


中西さんは現在70代。ご自身で30年続けてきた企画会社を後輩に委ね、現在は「植物標本作家」として、高野山の植物を使ったアートの制作に精力的に取り組まれています。

山中のご自宅は色とりどりの植物に囲まれた築150年の古民家。昔ながらの囲炉裏のあるお部屋を工房にして、植物のすばらしさを今発信しています。

 

Q  本日はありがとうございます。早速ですが自己紹介をお願いします。

学校を出て大阪で広告会社に入社し、35歳で独立して企画会社を作りました。最初は音楽関連の仕事をしてましたが、バブルが弾けてからはガーデニングやペット関連の仕事を受けることが多くなりました。

市場調査から商品開発など、マーケティングに関わることが好きでそれを仕事をしてたという感じです。特にガーデニング業界では小売店の社長さん達とのネットワークなども出来て、商品企画など手掛けることが多かったです。

元々植物が好きで、高野山の実家でも庭の手入れなどはしていましたが、今「仕事」となってからも好きなことだから、続けることは苦にならないですね。

 

「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。

Q 現在は「植物標本作家」として活動されていますが、具体的にはどんなことをされているのでしょうか?

私の実家は高野山の山中で、自然に囲まれています。長らく庭に手を入れたりして好きなようにしていました。

その延長で、現在は高野山の様々な植物を採取して標本にし、アート作品として皆に知ってもらいたいと思っています。

企画会社を経営しているときもガーデニングの仕事をしていたので、植物を標本にして更にアート化するということは、まだ誰もやっていないカテゴリーだということはわかっていました。

ガーデニング業界でどんな人が人気があるか、どんな本が売れている、ある程度わかっているので、自分が興味あることなら他人にもも関心を持ってもらえると思ったんです。

Q 長らく働き続けてきて、常に新しいことにチャレンジする原動力は何でしょうか?

働き続けてこれた理由としては、ひとつには時代が良かったのかということですね。

若い頃は世の中全体に景気が良かったし、独立してからも音楽関連の仕事も時代に合っていた。その後のガーデニング、ペット関連の企画の仕事も丁度ブームが来ていました。

だから、多少苦しい時期もあったことはありましたが、好きなことを運よくやってこれたという印象です。

原動力というと大袈裟かもしれませんが、性格的なものもあるでしょうね。なんでも触ってみたり、一歩踏み出してみるという性格というか。ただ見ているだけということが出来ないというか。

 

「活躍する大人達」Vol,2は、和歌山県高野山の自宅工房で『植物標本作家』として自身をプロデュースする中西久隆(なかにし ひさたか)さんに取材をさせていただきました。

シニアにも、趣味を持っている人は多いんですが、そこから更に踏み込んで「仕事」にしてしまう人は少ないと思いますね。

例えば、私の周りには高野山の植物の写真を撮影することを趣味にしている方もいますが、それを仕事にするようなことは無いですね。

ただ、私の場合は過去の経験上、業界全体のなかで過去にこういう作品、商品は無かったということが分かっているし、トレンドからもニーズがありそうだという仮説が立てられるので「やってみようかな」と腰を上げることが出来るんです。

 

Q そういえば最近ガラケーからスマートフォンに変更されたとのことですが・・・

そうなんですよ(笑) スマホなんて使うことは無いだろうと思っていたんだけど。

植物標本を始めてから、インスタグラムにも登録したり、自分がしていることを発信するために必要性が出てきたわけです。情報発信という点、スマホに変えて良かったと思います。

 

活躍する大人達(1)五反田コワーキングスペースPAO 鈴木英三さん

定年退職してから再就職、または起業し、再活躍している大人を紹介する「活躍する大人達」Vol,1は、東京・五反田でコワーキングスペースを設立、運営している鈴木英三さんにお話しをお聞きしました。


今回は、五反田駅から徒歩5分、目黒川のほど近くでコワーキングスペースPAO(パオ)を主宰・運営する鈴木英三さん(66)にお話をお聞きすることができました。

「コワーキングスペース」とは、異なる職業や仕事を持つ利用者たちが、交流しながらオフィス環境を共有できるスペースのこと。

鈴木さんは会社員時代から定年後の起業を計画し、61歳の時にPAOを開設、現在6年目を迎えました。「様々な業種・世代の利用者の方々との交流が仕事のやりがい」と語る鈴木さんに、起業の準備から設立、これまでの経緯についてお話をいただきました。

Q  本日はありがとうございます。早速ですが自己紹介をお願いします。

東京・神田で生まれ、現在66歳です。コワーキングスペースPAO(パオ)は、  61歳の時にスタートしましたが、経営全般と運営を見ています。

 

Q 定年後の仕事について考え始めたのは、いつ頃からですか?

起業を考え始めたのは50歳くらいのころからだったと思います。でも、最初は具体的に何かとはすぐにはならなくてモヤモヤしてました。53歳から「週末起業」という会員制フォーラムに通い始めたりしました。 そこは会社で仕事しながら起業しようといった人たちが集まるようなところ でした。
 
そのころはまだ「副業」が今ほど一般的なことでなく、会社も副業を認め ていなかった頃でした。そのため、会員制フォーラムに行っていることも、 起業について準備をしていることも、会社の同僚には一切話さなかったです (笑)。でも後から考えると、早いうちに準備していて良かったと思います。
 
Q  なぜ「コワーキングスペース」の仕事にしようと思ったのですか?

コワーキングスペースをやると決めたのは2013年で、会社員としてはちょうど定年を迎えたあたりでしたね。起業の準備で会社帰りにコワーキングス ペースに通っていたのですが「自分が使っているのだから、必要とする人も 多いのでは?」と思ったのがきっかけです。

それと、この仕事なら、仕事に追われ過ぎずに、人生も楽しむことができる のではと思いました。沢山の人を雇用しなくてもやっていけるし、大金は稼 げないかもしれないけれど、年に一度くらい海外旅行にも行けるかもとも考えました。

Q   このお仕事のやりがいは何だと思いますか?

PAOにはいま、100人くらいの会員さんがいらっしゃいます。一時利用のお客様も含めれば、設立してからの延べ総数では多分2000人弱くらいのお客様に利用いただいています。

コワーキングスペースにはいろいろな職種、年齢の方々が集まるのですが、  PAOがきっかけでコミュニティが出来上がって、一緒に仕事をするようになるなどの出会いがあります。このような出会いは会社員時代には味わったことのなかった貴重な経験だし、人と人がつながる場を提供出来ているのが、この仕事のやりがいだと思っています。

【東京都】シニア就労支援事業3期目がスタートしました

東京都のシニア向け、プレシニア向け就労支援3事業が本日8月20日よりスタートしました。

詳細はこちらからご覧ください。

①東京キャリア・トライアル65

「培ってきた経験を活かして、まだまだ仕事をしたい」シニアを、東京都がサポート。「東京キャリア・トライアル65」は、シニアの就業機会拡大を目的にして、65歳以上のシニアを企業に派遣する取組みです。シニアの方々には派遣先の企業で働くスキルを身につけてもらい、企業には高齢者を雇用するノウハウを取得してもらうことで、働くシニアの活躍の場を広げていきます。

申込期間 2020年8月20日(木)~2021年3月12日(金)

参加対象 65歳以上かつ都内で就業を希望する方

主な業種や職種 営業職や事務職、IT職などのホワイトカラー職全般

 

②東京セカンドキャリア塾(対象:65歳以上)

東京セカンドキャリア塾は、「学んで、見つける、これからの生き方」をテーマにした、65歳以上シニアのセカンドキャリアのために「楽しく学ぶ」ことが出来る塾。セカンドキャリアのための多彩なセミナー全45講座を用意し、個別の就業相談等もサポート。全ての講座受講料が無料。

募集期間 2020年8月20日(木)~2020年9月11日(金)

定員:96名(応募者の中から書類選考により塾生を決定)

対象者は以下の通り

①1956年(昭和31年)3月31日までにお生まれの、都内在住または都内企業在勤者
②令和2ねん10月中旬から、令和3年3月下旬まで、塾に通える方(必修講座は週1回開講です)
③第1期生、第2期生は応募をご遠慮ください

 

③東京セカンドキャリア塾(対象:55~64歳のプレシニア)

55~64歳のための、セカンドキャリアのための準備を整え学ぶ全12講座。就業しながら通え、選べる、平日夜間コースと土曜日コースを用意。「10年後の自分に何ができるだろうか?」を考え、今やるべきことを備えておく。豪華な講師陣。全講座無料。

第1期募集期間 2020年8月20日(木)~2020年9月17日(木)

第1期定員 50名

対象者は以下の通り

・1956年(昭和31年)4月1日~1966年(昭和41年)3月31日までにお生まれの、都内在住または都内企業在勤者
・令和2年10月中旬から、令和3年3月下旬まで、塾に通える方(必修講座は週1回開講です)

 

 

セカンドキャリアのプロに聞く。シニア就活のコツ。


 
人材サービス大手企業・アデコ株式会社で、これまで多くのシニアの就活に立ち会ってきた佐藤大輔さんに、シニア就活の考え方や狙いどころについてお話をお聞きしました。就職活動をしようとしているシニアの方には参考になることが盛り沢山です。

Q、まず佐藤さんご自身の自己紹介として、年齢やこれまでのキャリアについてお教えください。

現在42歳です。きちんと会社勤めを始めたのは25歳頃でしょうか。それまではいわゆる自営業の様な形で友人と一緒にビジネスをしていました。若くしてたくさんの失敗を積めたのも今のキャリアの元になっていて、とても重要な経験でした。

25歳の会社勤めデビューはキャリア系コールセンター運営会社でした。カスタマーセンターやテクサポ、NWエンジニアの育成など、様々なBPO(Business Process Outsourcing)の企画、立上げ、運営を手掛けてきました。

そちらで11年お世話になり、7年前に現在のアデコへ。3年前より現職である、官公庁・自治体事業を専門に受託・運営するソリューションセールス課にて企画・営業をしています。

Q、シニアの再就労というテーマでお話をお聞きしたいのですが、シニアの就労支援で思い当たる印象深い出来事などがあればお教えください。

百貨店の店長経験、及び海外買い付けの経験を持つ定年後シニアの方が担当する支援事業にエントリーされました。そして、ある企業が自社コールセンターの新規立ち上げメンバー20名の募集をかけており、そのポジションにシニアを紹介しました。弊社では事前のヒアリングで個々のメンバーだけでなく、コールセンターまたは企業としての顧客応対品質について、課題を抱えていることを担当者より聞いていました。そこでシニアとの事前すり合せで面談では、コールセンターのいちスタッフとしてだけでなく、ご自身の経験が応対品質向上に貢献できるという事をアピールできるように事前レクチャーをしていました。

その結果狙い通り、コールセンタースタッフとしてではなく、全く新しいポジション「品質向上社内コンサルタント」という部門横断型のアドバイザーとして、派遣採用されました。支援事業終了時には直接雇用へと切り替わり、今も週3回の契約で就業されているそうです。

これは事前に弊社アドバイザーが両者の情報をすり合わせた結果、良い形でのマッチングとなった例ですが、しっかりと先方の課題感を把握しておくと、どんな経験が先方から見た魅力なのかが分かります。これは面接などでも同様で、とにかく聞くことが重要です。その上で、自身の経験やスキルとの類似点・接点を見つけることができれば、他の職種でも上手く行くという事例だと感じました。同様の事例は他にも多くあり、自身の経験を上手く企業が活用できるようアピールすると、新たな職種で採用枠が生まれる、という最初の事例でしたのでとても印象深く残っています。

 

Q、定年延長を終えられて65歳になった方々が再就労しようとした時に「年齢ではねられる」「面接をしてくれる企業すら無い」といった声が多く聞こえてきます。ひと口には言えないと思いますが、どんなところに気を付けて就職活動をするのが得策なのでしょうか?

 Will、Can、Mustのキャリアモデルで言う、CanとMustの深堀りでしょうか。多くのシニアの方が自分が何をしたい(Will)のかはハッキリしているケースが多いですが、何が出来るのかというキャリアの棚卸し(Can)、自分には何が求められているのか(Must)、この2点がご自身もよく分からないまま就職活動をしているケースがあります。

フルタイムで働くこと自体が、会社からの条件と照合せずに、そのギャップがネックになってしまったり、世の中には全く同じ仕事というのはないので、本質的に自分がしてきたことをその仕事にすり合せながら自身をアピールしなければいけないのに、キャリアの棚卸しが足りていないために、経歴書や面談での表現が、希望職種と少し違うと、いわゆる「弾かれてしまう経歴書、面接」になってしまう。

まずはしっかりとこの3つの要素についてしっかり考える時間を取ってもらい、活動をしてみると、実は色々なチャンスが見つかったりします。とにかく人手不足はこの先もずっと続いていくトレンドですからね。

 

Q、こうすれば企業の担当者が会いたくなるようなコツはありますでしょうか?

柔軟な姿勢で振る舞うことは大切です。これはシニアの固定イメージを払しょくする意味もありますが、企業の担当者はいわゆる「よくいるシニア」には会ってくれません。自己主張が強い・聞くよりも自分が話してしまう・話が長い・こだわりが強い・新しい事にチャレンジしない・やり方を変えない。こういったイメージを持つと、会社に入っても仕事の進め方やコミュニケーションの部分で摩擦が起きてしまい、活躍できないだろう、と思ってしまいます。

シニアで活躍している方、どこからも求められている方は、一生懸命で柔軟な方が多いです。若者のような気持ちで臨むことが大切です。

人口データのお話し

本日の話題は「人口データ」です。

普段生活していると、マクロな「人口データ」など遠い存在であり、意識してなくても全く問題無さそうです。

しかし、それほど遠くない未来を考えると、人口の動きを知っておくことは意味があります。

国内の65歳以上人口は、3,588万人に。

総務省の統計では、2019年の65歳以上の高齢者人口は全国で3,588万人と、過去最高の人数になりました。

日本の総人口1億2,617万人に占める割合は28.4%。およそ10人中3人が65歳以上になったということです。

他の数字と比較してみましょう。

2020年の東京都下の人口は1,398万人です。神奈川県では920万人、千葉県は628万人、埼玉県は734万人で、一都三県を全て合計すると3,680万人です。

3,588万人と3,680万人。一都三県の総人口が国内の65歳以上の数が殆ど変わらない。やはり世界一の「超高齢社会」です。

働きたいシニアの居場所は?

高齢化の流れは更に進み、2030年、日本の総人口は現在から700万人ほど減って1億1,900万人になるのに、65歳以上は3,715万人に増加します。

全人口が減るのに高齢者が増えるということは、少なくとも「今以上」の社会保障を期待することが難しくなるということです。

若年層一人当たりの税負担額が極端に増え、高齢者を支えきれなくなり、高齢者は自分の生活(経済)や健康を、自分で守る必要があります。

そのためには、アクティブで勉強熱心で、働きたいシニアがいつまでも働ける、そんな社会の実現が必要になります。

人口推移のロジックから「働きたいシニアがいつまでも働ける世の中のスタンダード化」は、実は避けることはできない課題なのです。

アンケート回答 集計の続きです

本日は当協会アンケート回答の集計の続きをお伝えします。

当協会ホームページでおこなっている「シニアの就労」についてのアンケートでは、皆さんの生の声を頂いております。

 

その他では「起業する」「シルバーに特化した転職サイトで探す」「シニア対応のコンサルティング会社に相談する」「再就職はしない」などの回答が挙げられました。

およそ4人に一人は「知人への相談、紹介」を考えるとのこと。人材バンクへの登録も検討される方も多いみたいです。

ハローワークに行かれる方もいらっしゃいますが、今後ハローワークの担当さんにも取材し、シニアの就労の現状についてお話を頂きたいと思います。

シニアの再就職において、もっとも大切だと思うのは何ですか?

 

この質問には様々な回答が寄せられています。

一番多いのは「真摯さ、謙虚さ」といった回答です。近しい答えでは「プライドを捨てる」「前職の役職を引きずらない」「ヒューマンスキル」「対人協調性」などがあり、まずは「シニア本人の考え方」を重視されていることがよく分かります。

次に多いのは「健康」「体力・やる気」「気力」「モチベーション」など、心身の健康についてです。心身の健康無くして充実した仕事無しといったところでしょう。

 

「シニアの雇用に前向きな企業が必要」とか「受け入れ側の姿勢」など、シニアの問題ではなく、企業側の問題という回答も見受けられました。シニアにやる気があっても、往々にして企業側の門戸が開いていないということですね。

中小企業は今後、人手不足の解消をどのように解決するかといった課題に直面するようになると思いますが、これまでシニアの雇用に消極的だった企業には、今回のアンケートに前向きな回答を寄せているようなシニアの方々に、是非目を向けてもらいたいと思います。

アンケート途中集計を発表します

サイトにご訪問頂いた皆様にご協力頂いているアンケートも、回答者が50名を超えました。ご協力ありがとうございます。

途中集計を皆様にもご覧いただければと思います。

Q1 ご自身の年齢をお教えください

50代 31.9%
60代 57.4%
70代 10.6%

フェイスブックで掲載している広告は50歳以上の方々に配信しているため、アンケートにお答えいただく方も皆さん50代以上の方です。ご協力ありがとうございます。

Q2 そもそも「シニア」と呼ばれるのは何歳からだと思いますか?

50歳から 11.8%
60歳から 31.4%
65歳から 19.6%
70歳から 11.8%

最も多かったのは「60歳から」の31.4%でした。50歳からと答えたかたも11.8%居ますね。「そもそもシニアという括りは無いと思う」と答えた方も3名いらっしゃいました。

「シニア」という言葉はネガティブに捉えるケースと「大人=シニア」とポジティブに捉えるケースに分かれるのではないでしょうか。

Q3からは、グラフも一緒にご覧ください。

 


2位の「シニア活用に理解ある企業」が多かったのは、年齢ではねられる方が多いことを物語っているのでしょうか。また、3位に「人脈」が挙げられるのはシニアの再就職が「知人の紹介」で成立するケースが多いことからもわかりますね。

やはり自信をお持ちなのは「実務経験」が圧倒的で、83.3%です。「マネジメント経験」54.2%、「人脈」39.6%でこちらも自信がある方が多いですね。

「PCスキル」に自信をお持ちの方も31.3%と意外と多かったです。もともとIT畑のお仕事をずっとされていた方にコメントを頂いていたりと、働かないと勿体ないなと・・。

現在はリモートワークが普及してきていますから、わざわざ電車に揺られて会社に行かずとも、シニアの方がPCを使って自宅でできる仕事も増えてくるのではないでしょうか。

 

逆に「自信が無いもの」については圧倒的に「ITの知識」が高かったです。学習の余地がありそうですね。また「人脈」と答えた方も31.3%と多かったのが気になります。既に同世代の方が現役を引退されていて、いるということでしょうか。

ここから考えられるのは「IT知識・パソコンスキルに自信がある方」が「自信のない方」に向けて教える、仕事に役立つスキルを伝授する、などの仕事はニーズがありそうだということです。お金を稼ぎたいわけではない人は「シニアがシニアに教える仕事」で役に立つのはありかもしれません。

シニアの会社HP作成・起業HP作成の無料相談を受け付けます

シニアのホームページ作成、無料相談受付を開始しました

既に会社のホームページを開設しているがリニューアルしたい。これから起業をしようと思っているが、ホームページを作成したいといったシニアの方からの相談に「無料」でお答えします。

「ワードプレスを使って自分でホームページを作成したいけれど、何から手を付ければ良いか分からない」などの質問でも大丈夫です。ホームページはそれほどお金をかけずとも作成できます。

まずはお気軽にご相談ください。

電話番号 03-6868-4172

メールでのご相談はこちらから 

当サイトのお問い合わせフォームからでも結構です。

 

(対象となる方々)

  • 50歳以上の方
  • ホームページの作り方はわからないけれど、出来るだけお金をかけずにホームページを自分で作れるようになりたいという方
    既にホームページを持ってはいるけれど、リニューアル制作をして活用できるようになりたいという方
  • ホームページへの効果的な集客の仕方が分からない方
  • ホームページの制作はしたくはないが、格安で安心して制作を任せられるところを紹介してほしいという方

(注意点)

  • 当協会の無料相談は、ホームページを無料で制作するサービスではありません。誤解の無いようお願いいたします。
  • 既にホームページを開設しており、それらが技術的に相談の範疇を超えている場合は対応しかねます。
  • ビジネスでのホームページ活用以外の相談には対応しておりません。

尚、当協会は原則として、再就労・起業などで再活躍をしたいというシニアの方への支援・情報発信と、それによる中小企業を中心とした経済の再活性を目的として活動をしております。それ以外の、方向性の違うご意見等にはお答えできません。

あらかじめご了承ください。