fbpx

超高齢社会でのこれからのシニアの生き方

団塊世代が後期高齢者になることで起こる様々な問題、2025年問題。
 
社会保障制度の崩壊や、医療・介護人員不足による高齢者のQOL低下の想定などが挙げらています。
 
そのような時代、いまのアクティブシニアはどのような仕事をし、生きていけばよいのか。
 
人それぞれ、百人百色なのは承知の上で、それでも何に気をつけていくべきなのかを書いていきたいと思います。

①まずは健康寿命

わかりきったことですが、まずは「心身ともに健康」が第一でしょう。
 
仕事でもボランティアでも起業でも、社会との関わりを保ちつつ、カラダを動かす。新たな役割のなかで商談や意見交換をする。
 
 
 それが精神の安定にもつながり、充実感につながります。男性に多いと言われる「退職後の引きこもり」は、次第にぼんやりする時間が増えていきます。
 
やはりカラダが元気であれば、他者との関わり合いを積極的に取り入れることです。
 
ちなみに「シニアがおこないたい社会貢献」では ①地域社会への貢献 ②育児・子育てでの社会貢献 ③介護シニア支援 などが主に挙げられます。
 
これまでの「仕事中心」の人間関係を見直し、新たな「人生の仕事」を見つけ、社会に貢献するのも一つです。
 
仕事にせよボランティアにせよ、その新たな役割が「やりがい」「生きがい」を感じられるものであれば言うことはありません。
 

②勉強と向上心

これまでの生活の延長線上でなく、新しい情報に触れたり刺激を受けることは良いことです。
 
スポーツや筋トレで体を鍛え、そのあとにやってくる「自分が向上しているんだ」という「多幸感」を味わった経験を持つ人は多いと思いますが、
 
精神的な充足は、勉強や鍛錬から満たされるものです。
 また「自分は知らないことがたくさんあるのだ」と自覚することは社会に対して謙虚な姿勢を生みます。
  
最近「リカレント教育」という言葉が注目されるようになりましたが、もともと「リカレント」は「 反復、循環、回帰」を意味するもので、
 
国内では主に「教育を受けてきた社会人の学び直し」を指しています。
 
「リカレント教育」が注目されるようになったのは、技術革新のスピードの急速な変化による新たな知識の吸収の必要性や、
 
少子高齢社会の到来で高齢者や女性がもう一度学び直して活躍をするようになる必要性が出てきたためです。
 
「リカレント学習」は仕事に活かすための学習で、経営や経済全般、外国語、IT、資格取得などが挙げられます。
 
昔からよく言われる「生涯学習」は、趣味やスポーツなど仕事に結びつかないものも含む学習のことを言います。

③シンプルな生活

最近は「ミニマリスト」という生き方が取り上げられるようになりました。
 
最初からモノを持たない、厳選されたモノだけに囲まれた、最小限の要素だけで表現したり暮らしたりする主義のことです。
 
モノが多く溢れている生活は、余計なことを考えるきっかけになったり、ストレスを生みやすいと言われています。
 子育てが終わり、急に住まいが広く感じられるようになったというシニアも多いでしょう。
 
これからの人生を安心、安全なシンプルな生活に転換することも一つの選択肢ではないでしょうか。
 
新たな仕事や役割にチャレンジするには、それらにフォーカスするための環境作りともいえるでしょう。
 
また「モノよりコト」と言われる昨今です。
 
モノに投資するよりも、思い出に投資することが豊かなシニアライフにつながるのではないでしょうか。

コメントする